ED(勃起不全)の治療方法

薬の服用によるED治療
主にシアリス錠やレビトラ錠による治療です。ED(勃起不全)治療を受ける人の約7~8割はこれらの服用で治ります。特に心因性のEDや加齢によるED治療にはこれが使用されることが多い様です。しかし、日常の強いストレスや過去の性交渉の失敗が精神的に尾を引く事によって起こる心因性EDの場合、心理カウンセリングのみで治ってしまう事もあります。シアリス錠やレビトラ錠は医師の処方箋が必要ですので、使用するかどうかは医師と相談の上決める事になります。

男性ホルモンを利用したED治療
男性ホルモンは勃起作用に不可欠なもので、アメリカでは男性ホルモンによる治療が盛んに行われているようです。具体的な治療法は、男性ホルモンの軟膏を塗ったものを内股に貼り付けるものです。 効果は大きいようですが、前立腺肥大や前立腺がんの進行といったリスクもあるようです。

器具を使ったED治療
これには「陰圧式勃起補助具」を使用します。主に器質性EDの患者向けの治療方法です。シアリスやレビトラを使えない人、または使いたくない人の選択肢のひとつでもありますが、治療というよりは器具を使って人為的に勃起状態をつくるということになります。使用方法は、まず陰茎にプラスチック製のシリンダーを根元までかぶせ、次にポンプで中の空気を抜いていきます。こうしてシリンダー内に陰圧をかけることで海綿体に血液が流れ込み、陰茎は勃起状態となります。その後陰茎根元をリングで締め付けて血液の流出を防ぎ、勃起状態を維持します。ただこの方法は、リングの締め付けによる痛みや違和感があるということと、パートナーによってはそこまでして性交渉はしたくないと思われる場合もあるようです。この方法においての注意点は、海綿体への悪影響を防ぐため、勃起状態を30分以上続けてはならないということです。

媚薬は「催淫剤」とも呼ばれ、催淫作用は媚薬の最も重要視する働きです。

Copyright© 2012-2013 勃起不全症状の改善|人気ED治療薬 All Rights Reserved.