EDについての関連情報まとめ

EDとは?

EDは性交渉をするための十分な勃起が得られない場合や、勃起を維持できないために性交ができない状態を指しますが、「勃起不全」というものも呼ばれています。

すなわち、勃起をすることができないという状況は当然のこととして、陰茎の硬さを一定に保てない、勃起の状態を保つことができないなどといった、満足な性交に至るまでの道のりが閉ざされている状態は、いずれもED(勃起不全)ということになります。

勃起不全は色々な症状があります。

例えば、

  • 性欲はあるが勃起しない
  • 勃起するが中折れする
  • 勃起をしても十分な硬さに感じられれない
  • 朝立ちしない
  • 勃起まで時間がかかる

以上の症状に気づいたら、勃起不全を疑って下さい。

EDの状況調査

1998年に男性を対象として行われた勃起不全に関する調査によると、成人男性の4人に1人が勃起が十分でなく、時々性交ができない中等度ED、もしくは、勃起しないため常に性交ができない完全EDです。そして、たまにできない軽度EDを含めると、現在ではEDと診断される人はさらに増えています。

日本の成人男性の約23%が、ペニスの勃起に関して多かれ少なかれ悩みがあると言われています。40代以上の中年、高年の方の割合いが多いのですが、10~20代の若者にも勃起不全で悩む方はいます。肉体的な理由はもちろんですが、心理面も影響するなど原因は数多くありますので、年齢に関係せずに起こる問題です。

どうしてEDが起こすか

勃起不全はタイプによって原因が違います。勃起不全は器質性ED、心因性ED、混合性ED、薬剤性EDの四つのタイプに分けます。

  • 器質性ED

主に身体の原因からなっています。動脈硬化、成人病、泌尿器への疾患、喫煙や飲酒のような悪い生活習慣と男性ホルモンの減少は器質性EDが起こす原因だと考えられています。男性ホルモンは「テストステロン」が大きく関係しています。この物質が減少していくことで、EDや成人病を招くという結果も出ており、ホルモン分泌が大きく関係していると考えられています。

また、EDの患者さんの約80%が喫煙者と言われています。タバコの中に”ニコチン”が含まれています。この成分は「血管を収縮させる」強い作用をもっています。血液の通り道が狭くなってしまうと、多くの血液がペニスに流れ込むことは期待できません。タバコを吸うことは、EDに大きく影響していると言えます。

身体に起こる色々なことがきっかけになるので、日常生活での健康管理をしっかりと行わないと、EDになる日もそう遠くはないということになってしまうかも知れません。

事故などに遭ってしまい神経や血管を損傷してしまい、正常な機能が期待出来なくなることも器質性EDに含まれています。

  • 心因性ED

主に心(精神的な問題)からなっています。勃起は「自律神経」が活発に働くことで起こる生理現象となっています。少し難しい話だと思うので、単純に神経の活動が大きく関係していると考えていただいて構いません。心に問題があると、この神経に影響を与えてしまい勃起状態が正常に行えなくなってしまいます。

心が影響することは、若者に目立って多い原因とされており、現代を象徴する”高ストレス社会”が影響していることも考えられています。例えば、子づくりへの重圧、仕事などでのプレッシャー、幼少期の心の傷になるような体験、性的なトラウマやコンプレックスなどのストレスです。このような心因から、勃起不全になる可能性が高いです。

心因性EDを治すため、先に心因を解決したほうがいいと思います。

  • 混合性ED

身体と心が同時に原因となってしまっているケースです。器質性EDと心因性EDも上記のとおり、複雑な因果関係があります。それらが更に混合されたミクスチャータイプとなりますので、恐らくですが、このEDが最も原因を特定するのが難しいEDになります。

身体に起こっている問題を見つけると同時に、心の問題も見つけなければならないので長期間の治療が必要となることも十分に有り得ます。ご自身に思い当たる節があればまずはその原因の究明と対策に努めなければなりません。焦らずに原因を特定し、ひとつひとつ対処していくことが肝要です。

  • 薬剤性ED

常用薬の副作用からなっています。EDを招く薬としては、病院処方薬以外にも身近なもので市販の「風邪薬」があります。風邪薬は中枢神経系の薬となるので、頼りがちになるとEDになることもあるのです。

また、下記のような中枢神経系に効く精神病の薬には、副作用によってEDを招くと言われています。

・うつ剤

・抗不安剤

・向精神薬(睡眠薬も含む)

・抗けいれん薬

EDが原因で起こる問題

EDにはセックスをすることに困難があることの他にも様々な問題を引き起こす原因になることがあります。

1.パートナーとの関係が悪化

EDが原因で、相手との関係を悪くすることも少なからずあります。せっかく意中の女性と性行為をする機会になったのに、下半身が勃たず相手を不快な思いにさせてしまった、なんて経験ある方もいるのではないでしょうか。また、相手を満足させることが出来ないため、振られてしまったり、最悪の場合は離婚問題に発展することもあります。

2.精神面で問題が発生

EDの方は、女性に積極的になることができません。その為、どうしても内気な性格になりがちです。ストレスを貯めやすくなり、積もりに積もって精神病に患ってしまう場合もあります。EDになることで、ストレスなどの心因性のEDの原因を増やす悪循環が生まれてしまうのです。

Copyright© 2012-2013 勃起不全症状の改善|人気ED治療薬 All Rights Reserved.