1月, 2017年

男の勃起不全症状の改善じゅうに(精子の保護

2017-01-23

1、ズボンを着ると

を重んじますには、あまりにも長いズボンを着用しないで、もちろんのパンティパンツも要らない.アルバイトのズボン、合成材料や高温度も証明されて男性の生殖能力に影響します.だから1本の松の純綿のボクシングパンツを探して!また、赤ちゃんを涼しいと保つようにして」.男性の睾丸が陰嚢に詰めて,金玉の温度が体の温度を下回ることが重要な原因は正常な仕事だよ.

陰嚢区の温度は体温より低い4℃が必要です!しっかり覚えて、仕事、家でも運転席、長座は陰嚢の温度が高くなり、精子の発生に影響を与える.長座の仕事が必要な仕事、あればよく休み,勃起不全症状の改善、暇な時には、座って座っている必要がある活動を選択するべきです.

2、気候も彼に影響を与えることができます気候、季節、国、地域及び違いの年にすべて精子の数量と男子学生の生殖能力に影響することができます.研究は、男性の精子の数はニューヨークでは、フィンランドでは、イギリスよりも高い.

P3、お湯浴は

と言っても良妻

良妻のぶつくさは夫の財宝だ.もし彼はよくお湯浴を洗うことが好きなら、あなたのぶつくさはすぐにも役立つべきだ!よくお湯を洗って、精子の数量を下げることができます.40℃以上のお湯には半時間以上かかり、精子数が低下する.だから、彼は浴槽から出てきて、シャワーを浴びて行きましょう.もちろん、サウナ、蒸気室と、水には、温水浴も避けるべきです.

4、大量飲酒

大量に飲酒<P>しないで大量の飲酒は、肝臓を傷つけ、研究しても精子を傷つけ、生殖能力を低下させる.大量飲酒レベル低下させることができ睾酮精子の質と量を削減する.あなたは彼に関心を持って,まだ何を待っていますか?

p5、むやみに薬を飲んではいけない

は、男性の生殖能力に影響することができますが、これらの薬は、ステロイド、治理がんによって細胞毒性薬とその薬を使用しています.ある薬の薬の長期服用には、あなたの心配を解消するために、その薬物の生殖能力の影響を医師に相談してもいいです.

6、環境要因も、倍加に気をつける必要があるについては、精子損傷の物質、相互矛盾の証拠がたくさんある.放射能が損傷と出生欠陥を引き起こすことができることを知られている.網と思われる精子は有害作用の物質を含むいくつか含まれフタル酸塩(あるいはエステル)の香水、いくつかのタイプの殺虫剤、有机汞、聚氯ビフェニルや水道水に含まれるエストロゲン.これらの物質には研究においても研究がたくさんある.

p7、断固禁煙<P>あなたはすでに喫煙と肺がん、心臓病などの密接な連絡があることを知っていて、あなたはすでに中古のタバコを吸うことを知っています

Copyright© 2012-2013 勃起不全症状の改善|人気ED治療薬 All Rights Reserved.