男性4種は健勃起不全症状の改善康な陋習を損なう

2017-08-17

男は大雑把で

を性別、細かいことにこだわらない特徴、体が調子が悪くても病院に行かなくて、これらの見た目は小さいことはしばしば大男の健康に影響して、特に生殖健康.の男性の科の病院の調査データによると、80%の重症患者は男性から長期不病院を受診結果疾病の最優秀治療のタイミングを逃した.専門家は、男性は、以下の4つに健康的な陋習の陋習:

は、男性は、健康的な陋習

、いい生活を送る、前立腺苦労

半分以上の50歳男性が前立腺疾患の悩みを受ける.酒を飲んで、食いしん坊辛い食べ物もつながる尿発生刺激物、膀胱内の圧力が高まる,勃起不全症状の改善、前立腺内尿還流などの後遺症による炎症を起こし、さらに前立腺.また、憋尿、緊張が冷え、疲労、房室過度一見目立たないなどの詳細を強める前立腺の症状.

p2、タバコが酔っぱらう、機能障害

pED発病の場合、喫煙者は非喫煙者より2倍高いという.EDの原因は、タバコ中のニコチンと他の有害物質がペニス動脈血流不足.また、男性喫煙は精子が減少します.資料によると,毎日喫煙にじゅう本、精子生存率は50%、そして多種の精子奇形出現;長期飲酒者のザーメンを中、精子数が同じは著しく減少し、活動力が弱まる,しかもインポテンツ、不妊や女性化の発生率の増加が著しい.

P3、衛生、生殖感染症

p> <男性に多い注意しない生殖器の衛生、特に包皮た長者、包皮部位汚職やすく、気をつけないと生殖器の衛生は、細菌が繁殖し、感染を起こし、病変、亀頭炎尿路感染症、前立腺炎、副睾丸炎などの病気に影響され、さらに性生活まで起こし不妊.

4、サウナの蒸し浴、影響に影響します

精子の生産が最も適当な温度は35.6℃~36.0℃で、男性のよくが熱い水シャワーを浴びたり、サウナで過ごす時間が長くて、精子発生させ、陰嚢の熱が減り、または死精.そのため若い人は慎を洗うべきで、ふだんシャワーの水温は34℃ぐらいで適当にするべきです.

Copyright© 2012-2013 勃起不全症状の改善|人気ED治療薬 All Rights Reserved.