5条の勃起不全症状の改善妙計は避妊薬の後遺症から抜け出す

2017-04-28

短い効果は現在のアプリケーションに避妊薬、最も最も広いの一種の避妊薬、それは人体の内に役割を果たすの時間が短いので、毎日時間通りに服用して、いちの月経週期さえなければならない服22日ば避妊効果.短い効果の避妊薬は人工のエストロゲンとプロゲステロンが調合して,いくつかの女性にとって、両者の含有量はしないかもしれないなくて、それによって現れた不良反応、すると、飲み薬の女性はを重視して、必要な措置を講ずる避ける薬物体の傷つけることに対して.以下は5つの最もよくある不良反応で、私達は同時に解決方法を提出することを提出して参考にします.

、類妊娠反応

類早い妊娠の反応は、共通の約50%の数の薬.症状が多いのは先に重い後に軽く、以後徐々に消えていく、機体はだんだん関係に適応することが可能になって.食欲不振、吐き気、嘔吐、非力、めまいなど妊娠初期反応.服薬第1—2週間発生.その反応と避妊薬についてのエストロゲンは胃粘膜に刺激を刺激する.

実は、妊娠反応が類もあまり焦るば薬を飲む時間改夕食後や寝る前によく緩和胃の不良反応;反応が重症で、服がビタミンB6、毎回にじゅうミリグラム、毎日さん度.しかし、依然として緩和者、避妊薬を交換することを考慮して、エストロゲンの含有量の少ない薬を選択することを考慮して.

p2、膣出血

少女性は、薬を服用している間、持続性の点滴出血、あるいは月経量の突破性出血.これとは抜かしが、遅くて避妊薬や避妊薬の薬効が不足になりました.もし膣流血が月経週期の前半、エストロゲンが小さくてよくヒント線量;もし発は後半週期は、表明プロゲステロン量が足りなくて、十分な維持子宮内膜.

はどのように解決しますか?前に半週期出血の時、毎日加法アセチレンアルコールで雌ご—じゅうマイクロ?グラムまで週期終瞭;後半週期出血時は毎日加法用避妊薬いち片なら出血時間近い月経期や出血多量の月経の時には、薬に止まって、出血第ご日次のサイクルの薬を服用して.

p3,月経が過少か閉経

多くの女性の友達が反映:避妊薬を服用した後に月経量を減らす、閉経まで起きた、どうしたの?元避妊薬を子宮内膜発育不全、腺の分泌不足ため、子宮内膜が正常に成長しないが薄くなり、月経量の減少により.個別女性は、避妊薬の抑制作用による過剰な女性が、薬の後に撤退性出血,勃起不全症状の改善、閉経が発生しない.

これは本来の月経量の大きい女性に対して1件の良い事で、普通は特殊処理する必要はありません.妊娠試験で陰性、薬を飲んで7日後には、薬を服用し続ける薬.閉経2カ月連続で、直ちに薬を止めて観察する.多くの人は薬を飲んで後月経が復刻ます.

Copyright© 2012-2013 勃起不全症状の改善|人気ED治療薬 All Rights Reserved.