甘草片の勃起不全症状の改善作用甘草脾臓の益の息の効果

2016-07-27

甘草は脾臓の益の息、解熱解毒、痰咳、緩急鎮痛、調和諸薬の効果.使用の好みの虚弱、だるい、おびえて息が続かないで、咳痰は多くて、かん腹、四肢攣急痛み、痈肿瘡毒、薬、強い毒性を緩和する.别录』によると:「温中下ガス、傷が汚れて咳をして、温経絡、利血気、解百薬毒.『日中華子本草」による安魂定魄.様々な病気や病気の原因を補って、すべて虚損、その上、煩悶、忘れて.九百通竅、利脈、益の精密な修養、壮筋骨を解暑さ.

には1、副腎皮質ホルモンが作用して:

は甘草エキス、

グリチルリチン、グリチルレチン酸には、様々な動物を有しており皮质酮作用を促進することができるように脱酸ナトリウム、水、滯留、列のカリウムが増え、表示塩皮質ホルモン様作用;甘草エキス、グリチルリチンをラット胸腺の萎縮、副腎重量の増加、血中好酸性白血球とリンパ球減少、尿中に遊離型じゅうななじゅうしち-ヒドロキシ皮质酮増え、表示糖皮質ホルモン様作用.

p2、調節機体免疫機能:

を調節します甘草は、機体免疫機能を抑制すると異なる成分を抑制.甘草グルカン機体の免疫機能を強めることができて、マウス脾臓リンパ球活性化し分裂増殖作用で表現した元特性,とConAコモンが共同作用.

P3、抗菌、抗ウイルス、抗炎症、抗アレルギー反応:

甘草フラボノイド、枯草桿菌、イースト菌桿菌、菌類、真菌、菌類、イースト菌、イースト菌、イースト菌、イースト菌桿菌、枯草桿菌、枯草桿菌.グリチルリチンに人体免疫性欠陥ウイルス(HIVにエイズウイルス)、肝炎ウイルス、水疱性口腔ウイルス、アデノウイルスⅢ型、単純ヘルペスウイルスⅠ型、牛痘ウイルスなどは明らかな抑制作用.甘草は皮質ホルモン様化学性抗炎作用があり、マウス耳介はれ、腹腔の毛細血管透過性が高く、ラット綿肉芽腫、ホルムアルデヒド性ラット足はれもの、カラギーナン胶性ラット関節炎などの抑制効果.

よんしよ、鎮咳、去痰:

甘草エキス

片口利子化後の咽頭粘膜に炎症を覆って、緩和炎症の刺激に達し ,鎮咳作用.甘草も促進を通じて喉や気管支粘膜の分泌を容易に咳出痰、鎮咳去痰作用を呈する.グリチルレチン酸、甘草フラボノイド、甘草軟稠エキスを胃薬、アンモニア水と二酸化硫黄を引き起こす咳のマウスが咳を鎮める効果は、皆去痰作用.グリチルレチン酸コリン塩皮下注射、モルモット吸入アンモニア水や電気刺激猫喉に神経が引き起こす咳,症状の改善、皆明らかな咳を鎮める作用.

P5、消化システムの影響:

は、消化システムの影響を影響する:抗潰瘍甘草粉、甘草エキス、グリチルレチン酸、甘草素、甘草ニン、異甘草ニンと動物にFM100多種の実験性潰瘍模型が抑制作用を促進することができるし、潰瘍.胃潰瘍を加速させ、胃粘膜抵抗力を改善し、胃潰瘍の抵抗力を改善します.FM100を服に薬を完全結」

Copyright© 2012-2013 勃起不全症状の改善|人気ED治療薬 All Rights Reserved.